沖縄のネタバレ情報カミングアウトのお時間です

エブリー沖縄管理人のおすすめ情報をここで提供していくよみて下さいませませ特に漫画にスポーツにイベントなどをネタバレしていこうと思いますよん。

熱中症になりやすい人は?体調が悪い時の対策や日常生活の過ごし方!

こんにちは

子供やお年寄りが熱中症になりやすいのは分かるけど他に熱中症になりやすい人などいるのだろうか?
もしいるならその人たちの対処法は、体調が悪い時は何にどう気を付けるべきかまとめて紹介します。

 

スポンサードリンク

熱中症になりやすいのはどんな人、肥満・障害者?

<<肥満と熱中症>>
肥満者は熱中症になりやすいことが明らかになっていますこの理由は体の脂肪は熱を伝えない組織であるため、皮下脂肪量が多いものほど物理的に耐熱の放散がしにくいからです。
また肥満者は体重に対する体表面積値が小さいため、体熱を効率よく放散する事ができないこともあります。

したがって、暑い地域では体が小さい方が有利になります、また肥満者は身長を対する重量が大きいため同じ運動を行ったとしても脂肪という重りを持って移動することになり
肥満者と比較して大きな運動ストレスがかかってしまいます。

 

<<障害者と熱中症>>
脳性麻痺又は精神遅滞のある児童では障害の程度が高度になるほど、視床下部にも障害が及び体温調節障害を引き起こし越します。

脊髄損傷障害のある自動でも、損傷のある脊髄レベルによって体温調節障害が起こります。

 

そのために健常者に比べ環境温度の変化に影響されやすいと言えます。

 

発汗機能が障害をおこしている障害者には、気温が上昇する夏は熱中症に対する特別な注意が必要になります。

 

<<頑張りすぎや無理は危険>>

スポーツ活動時の熱中症発生において特に重症に陥りやすいタイプとして性格が関係しているようです。
暑い中で激しい運動を行うと多くの人は、暑い、水が欲しい、休みたいなどの感情を持ちます。
しかしスポーツなどの競技かいや仲間との合同練習などにおいては上記のような感情はなかなか表に出せない事が多いようです。
協議会では勝負に勝つことが優先されます。
また夏の暑い中での練習では仲間が同じように苦しんでいるので自分だけ楽をする事ができないと感じたりします。
性格手kには非常にまじめにで、従順で熱心なものほど、頑張り無理をし熱中症の初期段階を我慢して、自分をどんどんおいいこんでしまいます。

 

指導者は熱中症になりそうになったら、本人がいつでも伝える事が出来るような環境を作る事が大切です。

 

体調が悪い時はの対策方法について

体調が悪い時体の抵抗力が低下しています!
そのため体調不良時には、運動中だけではなく日の差し込む、風通しの悪い教室内などでも熱中症が発生します。
調子が悪いと感じている時や回復期は注意が必要になります。

 

<<下痢の時>>

水のような便の状態を下痢といいますよね、様々な原因がありますがいずれにせよ下痢をしているときは、脱水状態になっているめ、熱中症にかかりやすい状態といえます。

 

<<発熱の時>>

様々なしっっぺいじに生じる発熱には、熱射病・日射病・打つ熱などの受け身の発熱に脳腫瘍や脳外傷による中枢性発熱、感染に対して身体を守る反応として発熱があります。
いずれにせよ体温が平常値よりも高い状態にあり、運動する事でさらに高い温度まで上昇してしまうため、発熱時の運動は危険といえます。

スポンサードリンク

 

<<その他>>

腹痛や下痢など胃腸症状が伴い「夏風邪」食欲不振と疲労感を伴う「夏バテ時」には体力低下します。
いったん低下した体力は、症状の回復後すぐに戻るものではありません。
普段は周りの人たちよりも体力に自信があり、熱中症にかかりにくいと思っている人でも、夏風邪や夏バテの後は注意しないと大変な事になります。
体調の回復期には本人も指導者も注意が必要です。

 

日常生活と熱中症の関係は

日常の生活習慣は熱中症の発症に影響します。

 

まずは運動習慣は体力を増加させることが知られています。

 

体を動かすための体力はもちろん、様々なストレスに対する抵抗力も増加します。
逆に言えば運動習慣のないものは熱中症にかかりやすいと考えられます。

 

睡眠は疲労回復には欠かせないものです、夜更かしや寝つきが悪い時などで睡眠不足になると、前日の疲労を取り除くことができず、体調不良を原因にもなります。

 

暑い時こそしっかり睡眠をとるようにしましょう。

 

今や冷房は暑い夏を快適に過ごすために必要不可欠なものとなっています。

最近の調査ではエアコンがないと生きていけないという冷房依存度の高い子供が増えています。
夏の冷房は確かに私たちの生活を快適にし、暑い夏の夜にも心地よく眠りにつかせてくれるようになりました。
しかし昼間一日中冷房の効いた部屋から抜け出せずにいる人が急に暑い屋外にでたりすると暑さに対する抵抗力がないため、熱中症になりやすいと言えます。
普段から適度に暑さを経験しておくことが抵抗力を高める手段です。
冷房の使い方についてもう一度考えてみましょう。

 

まとめ

熱中症になりやすいのは肥満や障害者などになりやすいと言われているようです。

 

体調が悪い時には昔は体育を休ませてくれなどというと甘えるななどと言われた、やはりそうだな今考えると少し頭がぼーっとしても頭がくらっとしても知れなかったですね。

 

調べていくうちに昔は、かなりまずい事ばかりしていたんですなぁと思い出しました発熱は体を守るなど下痢が熱中症に関連するなど、子供の時は軽く考えていたんですからね調べると調べるほど危ないという事が分かりますよ。

 

いくら暑さになれるためといってもまったくエアコンを使わないでいれば室内にいても熱中症になってしまう事があるのです。
使う時間を決めたりして冷房の設定温度を上げたりするなど使い方を工夫するといいですね。

 

 

スポンサードリンク

 - 病気・感染病・栄養

  関連記事

熱中症になりやすい時期は暑い日?それとも風のない日どちらが危ないか!
子供のチック症を解消するには、症状を調べ改善方法をためすべし
熱中症で運動中にする水分補給の仕方や休憩の取り方を紹介
進行性がんの乳がんとは?ステージ3以上の生存率はどれくらい?
赤ちゃんの突発性発疹とは、かかったらどんな症状に2回発症する!
小林麻央が入院した病院の場所は?進行性がんの生存率やステージは?
子供が熱中症になるとでる症状は発熱を予防するには!雨降りでも熱中症になる。
熱中症になってしまったら食べ物は何を食べるのお風呂に入っていいのか?【対処法まとめ】
インフルエンザの予防接種に健康保険は適用されるのか?費用はいくらかかるのか!
ケアプロスト