マンガコミックスのネタバレあらすじ

ダイヤのエースact2ネタバレ第7話【呼応】!画像あり単行本1巻

更新日:

ダイヤのエースact2【第7話 呼応】

 

甲子園に3月なのに雪か?みぞれがおちるんです一瞬だがまあ甲子園は寒いというけど

 

おーしみえてると出せにはバッティングが町史は落ちているけど青道でバットコントロールがうまい小湊

 

小湊とのサード正面になるあたりは悪くないが正面までとばすだが青道はまだノーヒットでやばくないかな本郷の今日のピッチングは、神が勝っているだろと4番の御幸に続いて投げる。

 

御幸でも正宗の初球のスプリットを投げる残り3イニングでノーヒットこれを東京で見ているライバルの稲実ナインはこれはこれでいいけど、そうなったら面白いけどなぁ
(東京代表でそこに立っているんだろ)

 

これ以上みっともない姿を出すなと思っていると御幸が正宗の球をセンター前に初ヒットだった。

 

キャプテン来たぁ~このまま終わらせねえよ、うちのエースもお前に負けないボールを投げるからな。

 

続く降谷は打撃もいいが送りバンドにするのか?と思っていたらそのまま強行する1.2塁間に強烈な打球が飛んでいくが、西が回り込んで止めるランナーが2塁に進むけど1塁はアウトにする形的には送りバントになる。

 

雪の上で鍛えた守備は甲子園でも通用する夏など戦い自信がついている。

スポンサードリンク

 

2アウトながらこの試合はじめてランナーが得点圏にこのチャンスをものにできるか続く打者は青道でも確実性のある打者の白州

 

正宗が投げるのはストレート中心で最後はスプリットで青道の強打者である白州を三振にする。

 

巨摩大藤巻の正宗が吠える

 

この回も得点を許さない。

 

降谷がなげて初回に特典を取られたが7回を投げて尻上がりに調子を上げる
三振は10個目でしかも5・6・7回とパーフェクトピッチング

 

くそどっちが勝っているのかわからんなとリードしている佐々木監督はナインを奮起させるために活を入れる

 

やるなあの青道の投手

 

残るイニングはあと2回になります。

 

ダイヤのエースact2ネタバレ第8話へ続く

1回戦<青道VS宝明>
第1話
 
2回戦<青道VS日本庄野>
第2話第3話
 
準々決勝<青道VS巨摩大藤巻>
第4話第5話第6話第7話第8話第9話

スポンサードリンク

-マンガコミックスのネタバレあらすじ

Copyright© 沖縄のネタバレ情報カミングアウトのお時間です , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.