マンガコミックスのネタバレあらすじ

ダイヤのエースact2ネタバレ第8話【傍観者】!画像あり単行本1巻

更新日:

ダイヤのエースact2【第8話 傍観者】

 

正宗が神がかりの投球を続ける調子は落ちていたが前園を代打で打席を送る

 

早くも2アウトで代打前園をレフトくフライにそれに9番の麻生はストレートで三振に8回までの0が並ぶ好投を続ける。

 

巨摩大の本郷正宗が最高のピッチングにさすがに沢村も見入ってしまう

 

まあ記者など関係者プロのスカウトもざわついている

 

9回に追いつかないと甲子園で投げる事はないが今日は降谷の投球もハンパなくいい

 

それでいつもは7回あたりにへばる降谷だがなぜか体調も良く8回も投げると片岡監督にいかせて下さいとお願いする。

 

まあへばりもなし初回の失点以降ナイスな投球を続けているのでそのまま8回のマウンド送る

 

まだ9回の攻撃があると倉持に東条や小湊がぜぅたいに終わらせないぞという。

 

沢村はいつもの調子で応援をする打者は9番まずは先頭打者を押さえていこうといい守備のみんなに声をかける。

 

巨摩大藤巻はリードしているがベンチ前の円陣を組んでやられっぱなしでいるのでどうにかしないとここで追加点を取って青道にとどめの点差をくれてやろうぜぇ

スポンサードリンク

 

球数は120球を投げている降谷は神がかり的に成長しているのが分かるとキャッチャーの御幸はいう
降谷はストレート154キロでガンガン押していく11個目の三振を取って観客からも本郷には負けていないといい
降谷なら160キロなげれるぞといっている。

 

その様子を沢村はブルペンから見守る。

 

ダイヤのエースact2ネタバレ第9話へ続く

1回戦<青道VS宝明>
第1話
 
2回戦<青道VS日本庄野>
第2話第3話
 
準々決勝<青道VS巨摩大藤巻>
第4話第5話第6話第7話第8話第9話

スポンサードリンク

-マンガコミックスのネタバレあらすじ

Copyright© 沖縄のネタバレ情報カミングアウトのお時間です , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.