スポーツまとめ

和田毅の変化球や投球フォームにyoutube動画まで解析

更新日:

こんにちは

 

ソフトバンクホークスに復帰した和田毅投手の変化球や球速は140キロ台でも打たれないと有名な投球フォームを学ぶ!

 

プロでも早いとまでは言えない球速でも勝てるのは変化球がすごいからそれとも投球フォームなのか?

 

スポンサードリンク

和田毅選手の変化球の握り方や投げるポイントを解説


まずはまっすぐが大事そのうえで変化球は握った段階ですべてが決まってくる
しっかり握ればあとは勝手に変化してくれるという感じ。
まっすぐと同じように腕を振ればそれぞれ曲がってくれる。

 

<<フォークボール>>

チェンジアップと似た変化をする
深く握ると指に負担がかかるのでこういう風ににぎりシュートしていきながらチェンジアップが良くないときに利用する。

 

<<チェンジアップ>>

腕を振れば自然に抜ける
右打者のアウトコースをめがけて思い切り腕を振って投げる左バッターにも投げるけどスピードが落ちていいコースに決まる。

 

<<スライダー>>

まっすぐと同じように腕を振る
大事なのはまっすぐと同じ腕の振りで投げるブルペンでその日の曲がり具合など確かめておく。
スライダーは勝手に曲がるので曲げようと意識すると逆に引っかけたりします。

 

<<カーブ>>

中指と親指のところで抜く感じというか勝手に抜ける感じで投げる。
ひねって投げる人が多いけどひねらないで抜けるように投げる。

 

<<ストレート>>

打者に当てられないまっすぐ
ストレートは投手の生命線で変化球がいくら良くてもまっすぐがよくないとはなしないならない!
打者がいくら振っても当たらないストレートは投手なら誰もが憧れる。
だがこれに変化球があるとピッチングの幅が広がりさらに楽に投げられる。

 

>>金子千尋 変化球の握り方と投げるコツを解説!投球フォームとyoutube動画<<

 

和田毅投手の投球フォームのポイント解説と動画でさらに詳しく解析

投球で大事なのは体全体を使うことそうすると球速も上がるし変化球も切れる。

スポンサードリンク

 

こちらでは腕の振りや重心の位置などのバランスの位置を見てほしい。

 





和田毅の上達5つのポイント

1 下半身をしっかり使うことで腕が振れる
2 投球に入る時は自分のペース自然体で
3 トップを作り出す時は腕を自然にあげること
4 リリースまで骨盤が見えないようにする事で重心が前足に乗る。
5 腕はしっかりと振っていればリリースポイントは自然と定まる。

 

 

まとめ

もともと130キロくらいしかスピードがなかったのだが球速を上げるのには体全体を使うことが大事だということがわかり球速が上がった。
下半身を使ってどっしり投げるまたグローブを持った腕を使いインステップを治したら打者にみえにくい投球フォームができましたよ、投球フォームにて解説しているのでそちらを参考に練習してみよう。

 

 

スポンサードリンク

-スポーツまとめ

Copyright© 沖縄のネタバレ情報カミングアウトのお時間です , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.