マンガコミックスのネタバレあらすじ

ダイヤのエースact2ネタバレ第10話【変化】!画像あり単行本2巻

更新日:

【ダイヤのエースact2第10話 変化】

部屋で携帯電話をしている若菜は沢村とLINEをしている

昨日だした返事が今頃届いたと不服そうな感じで見ている。

沢村は、甲子園があっという間に過ぎたなど降谷はすげぇなど倉持つきの画像など若菜に送っている

負けるのは悔しいこということを書いている。

部室ではマネージャーが甲子園を出る前に地方紙などすべて購入していた。
降谷と本郷の魂の投げ合いなど御幸の意地の一打などと書かれている。
三振取るたびに球場が揺れたなどと甲子園の思い出を話すマネージャーだが
春乃だけは少し落ち着いた感じでスクラップ記事を作成している様子。

初のセンバツが終わると今度は夏の甲子園の前哨戦である春の県予選がある

そこで青道高校のメンバーはすでにもう夏の大会モードに入っている

前園はすぐに自主練をしようとしていて小湊を誘うが少しやることがあるのでといい断る。

甲子園ではあまりええところがなかったので気持ち切り替えるのがいいかもといい練習に向かう。

監督ルームに入り高嶋部長は強い相手の試合は選手たちにも刺激になるでしょうしといい落合コーチもあれだけの投球を甲子園では披露したのでもうプロなどマスコミがほおっては置かないでしょうという

スポンサードリンク

校長室では片岡監督をねぎらい夏はベスト4などともりあがる談話

しかし落合コーチはすでに気持ちを切り替えていた

春の大会もあるしチームのほうは私が見ておきますよといい春の大会にむけての指導が始まる。

青道高校のメンバーは甲子園を経験してどこか雰囲気がこれまでとは違っている。

さて夏の大会まであと残り4か月

沢村と降谷は一緒のポール間をダッシュしている

降谷は取材がきているが同じ質問ばかりされからといい練習に逃げ込んでいる

しかし川上が降谷お前はここまで甲子園の疲れを取るからと練習を切り上げさせる。

また監督室になりもう一度甲子園にという思い3年生にとっては最後の夏新入生が加わり新しい青道ができるのではと高嶋部長は言う。

一年も甲子園出場が決まったことで粒ぞろいの選手が入ってきていますしこれから楽しみが増えるなと部長やコーチ陣は話している!

甲子園で戦えた経験に何が通用して何が通用しなかったのかさらに上に行くために何を目指せばいいのかなどより明確に目標をモテたと思います。

これが全国制覇につながると片岡監督がびしっと襟を正す。

その時に先ほど練習を断った小湊がバットを持って練習場に入るのだが・・・

第11話へ続く

スポンサードリンク

-マンガコミックスのネタバレあらすじ

Copyright© 沖縄のネタバレ情報カミングアウトのお時間です , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.