マンガコミックスのネタバレあらすじ

ダイヤのエースact2ネタバレ第22話【カンフル剤】画像あり単行本3巻

更新日:

【ダイヤのエースact2 第22話 カンフル剤】

4月9日にこれ運んでとマネージャーから始まる
あわてなくてもいいからねと春乃が2年生になってから一年生にマネージャーの仕事を教えている。

 

私が一年生の時は先輩たちがいつも助けてもらっていいたからねという。

 

そのころに春乃はまたいつものようにこけている。

 

青道高校の練習には本当に多くの人がみにきている降谷目当てにOBはもちろんプロのスカウトも来ている御幸もプロに注目されているので福岡や札幌などきている。

 

先週の試合では投げなかったからなぁと肩透かしを食らったスカウトは降谷が投げないかなぁとぼやいている。

 

球が速いのはすごい武器だよねという。

 

前園も甲子園前に調子を落としていたが徐々に上向きになっている

 

それに御幸の長打力があり打線に厚みが出ないからなという

 

東条は元投手でバッティングピッチャーを務めている

 

御幸は東条の球はキレなどボールが生きているのですごく練習になるといい東条の球をほめている。

 


その時に結城将司がフリー打撃に入る
たしか青道では練習には1軍2軍があったはずなのに2・3年生に混ざっているという事は1年生の結城は期待されているのかな。

スポンサードリンク

 

それで結城はいきなり詰まっているけどバックスクリーンにホームラン性の当たりをぶっ飛ばす

 

昨年チームを引っ張った結城哲の弟で顔はにているが体は大きくてどっしりしていてマイペースな1年生

 

春休みに相当練習して振り込んだんだという。

 

それで由井薫もフリー打撃に入っている

 

広角にスタンドインこそしないが鋭い当たりでボールをガンガン飛ばしまくる

 

これに奥村に和馬もつづく奥村はシャープに右方向に強い打球を打ち込む反対方向にボールが伸びているく。

 

和馬はセンターに素直に打ち返す穴のないバッテイングをみせる。

 

2・3年生も一年生の打撃に見入っている様子

 

あんなに簡単に東条のボールを弾き返すなんてという。

 

1年が合流って沢村は俺たちの時はずっと基礎練習だったのにというが今年の1年は実力者揃っているからなぁ
1年生を起用して組織の活性化現状には収まらないという監督の真意が見て取れる。

 

春大会のベンチ入りメンバーを決めるだけではに夏への背番号争いに関東大会出場もすでに始まっていると。

 

新戦力を受け入れてさらに加速する青道高校ナイン

 

その時に沢村と降谷はお前らの緒戦受けて立つと威勢よくしている様子

 

第23話へ続く

ダイヤのエースact2ネタバレ第23話【転回】画像あり単行本3巻

スポンサードリンク

-マンガコミックスのネタバレあらすじ

Copyright© 沖縄のネタバレ情報カミングアウトのお時間です , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.