マンガコミックスのネタバレあらすじ

塀の中のギャングに会え ギャングになるためのテストを受けるジョルノ

更新日:

【塀の中のギャングに会え 前編】

ジョルノはブチャラティの組織に入りこの街を本当に支配したいという
それで僕はギャングスターになりますといい僕はそうなりたい。

ブチャラティはルカをやった犯人を捜しているこれをおまえがやったとばれたら俺はお前を助けない

裏切り者は誰も助けないからな自分の失敗は自分で償うんだ
それ以外は自分の腕を引きちぎったほどのお前の覚悟

スポンサードリンク

黄金のような夢に賭けよう夢にとブチャラティも麻薬を売っているボスが許せないかんじだった。

ブチャラティの入っている組織はパッショーネという

構成員は756人で賭博やまやくなどのあがりはとてつもなく大きい

実際ボスの名を知る者は誰もいないし姿や顔を見たものはいない
おれだってあった事はないんだ、ボスの下にいる何人かの患部を介して命令が下る。

それでジョルノお前入団を決定するにはブチャラティに命令を下しているポルポという男

刑務所の中にポルポはいる
彼はこの刑務所から出る事ができるが出ようとはしない組織に入るならポルポに面接に合格しないといけない

どんな面接なのかは、ポルポの気分しだいでくれぐれもばれるなよとブチャラティはいいジョルノをポルポの所にさしむける。

ボディチェックでいろいろなものすべて出してチェックを受けるOKがでてポルポの部屋に案内される。

ポルポは部屋の中で丸々太っているジョルノの左腕を怪我しているを事を見抜かれる

スポンサードリンク

刑務所なかなのにワインやおさけなどおつまみのクラッカーなど食べようよという

なるほど刑務所を出る必要がないんじゃなく

キミのことはブチャラティから聞いたと言っている。

われわれの組織に入りたいといいポルポが面接試験を始めるとするかなという

ポルポはワインを飲みながら自分のゆびを食べている。

【塀の中のギャングに会え 後編】

ポルポは部屋の中でライターに火をつけて人が人を選ぶときは一番大切なのは何かわかるかいという。

何だろうねぇもっとも大切なことというのは

何ができるかですかとジョルノは答えてお金を出すのだがジョルノは刑務官の財布をくすねてきていた。
もっも大切なことというのはほかにあるんだそれは信頼だよとポルポはいう
身体この体でライターの炎を取れといいポルポがライターをジョルノに渡す

テストは信頼でなので炎が消えないように24時間その炎を消さずにライターを持っていってもらおう

われわれの組織に入るには上ないところでの信頼を示してもらわなくてはならないんだ

それができたら君の入団を認めようといいライターの面接試験が始まる。

それでは明日の3時にこおに再び君が来るのを来るのを待っているよ。

刑務所を出る際になにかもらっていないか、ボディチェックでなにも貰っていないかチェックを受ける。
手のひらにライターを隠すが手のひらを見せないさいと言われている。

ライターを本物の花に変えてなんとか検査をすり抜けた

スポンサードリンク

-マンガコミックスのネタバレあらすじ

Copyright© 沖縄のネタバレ情報カミングアウトのお時間です , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.