知恵袋便利情報おまとめ

パート主婦は必見106万の壁について説明中!130万と103万の壁との違いは?

更新日:

こんにちは

パートで家計を助けている主婦にとっては
また新しい法律が出来てえ?どういうこと?
という方が多いかと思います。

パート主婦の収入に106万円の壁というルールは
2015年に作られてしまいこの106万円の壁について
知っておかないとまずいことに・・・こちらで簡単に説明していきます。

2016年の10月からこの106万円の壁が始まりますので、
ぜひこちらで106万円の壁を理解して対応策を立てるようにしてください。
最悪、働いても二重課税になり損しちゃう可能性もありますよ。

スポンサードリンク

106万円の壁を簡単に説明

パートやアルバイトで働く人の社会保険の適用基準が
拡大するということになります。

106万円の壁を一言で言うと

今まで社会保険の対象になってなかったという方が
新たに加入対象となる人が増えるということになるんです!

新たな社会保険の適用条件
週20時間以上の勤務時間
1ヶ月の賃金が8.8万円以上年間106万円
勤務期間が1年以上になる見込みがあること
従業員が501名以上の企業
学生は適用除外

こちらの全ての条件に当てはまる場合は
社会保険に加入することになります。

社会保険に加入するっていうことは
半分は会社半分は自分で出すということです。

大きく稼ぎを増やさないと損しちゃうことになりますよ^^

スポンサードリンク

130万の壁との違いは

106万の壁は130万が106万に
下がると思ってる方が多いようですね。

私の嫁の友人もえそうじゃないのと
言ってましたが実は違います。

この106万の壁というのは夫が会社員や公務員で
社会保険に加入しているときには、妻がパートで
働いている場合に106前を超えると
夫の社会保険上の扶養家族に
入れなくなることを示しているのです。

要するに、これまで130万円を超えると
扶養されている人はいえない状態になっていたのですが
これが106万円まで降りるそれで106万円を超えると
自分で社会保険に入って税金を納める必要が
あるということになるのです。

103万の壁っていうのは?

あれ、でももう一つ103万円の壁っていうのが
あるんだけどもうごちゃごちゃしてわからない。

これはとても簡単で103万円の壁っていうのは
所得税がかかる年収のことを指しているのです。

103万円以下だと所得税が全くかからないことになります。

ただしここに少しの落とし穴が

住んでいる地域によって非課税のラインに
差があるのですが、100万円こ超えると住民税を
しはらわなければいけないということになります。

少ないところだと93万円というかところになります。

まとめ

2016年10月からパートアルバイトの社会保険適用が
広がり、多くの方が社会保険を使えるようになる。

年収130万円の壁では夫の扶養から外れる金額のことです。

103万円の壁は取得税が課税され配偶者控除を受けられなくなる。

地域によっては103万円の所得税周辺100万円93万円で
住民税になる場合もあるのでこちらも超えるとあなたに
税金がかかりますので注意してください。

まあなんだかんだで106万の壁というのは、一言で言っちゃえば
政府がお金が欲しいんだよ税金もっと払えよという人を
増やしたい法律なんですね{(-_-)}

スポンサードリンク

-知恵袋便利情報おまとめ

Copyright© 沖縄のネタバレ情報カミングアウトのお時間です , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.